ホワイトニングでむし歯予防

2014.01.19 Sunday

0
    ホワイトニングは歯に入り込んだ黄ばみ成分を取り除いて、歯の明るさ、白さを回復させます。
    その前に歯の表面を覆う保護膜(ペリクル)をはがします。
    ホワイトニング直後は保護膜もなく、黄ばみ成分が入り込んでいた歯の表面も空の状態…。そこにフッ素やハイドロキシアパタイトなどむし歯に有効な成分を入れます。
    24時間後には保護膜が再生。それがカバーとなり、じっくりと有効成分を歯に取り込むことができ、虫歯予防にいいという考え方があります。

    難しいおはなしになりましたが、詳しくは歯科衛生士まで♪

    歯科衛生士によるお口の相談室・第19回〜ペコロス18

    2014.01.05 Sunday

    0
       

      ホワイトニングをするときに歯の色は関係ある?

      人によって歯の色は違います。そしてホワイトニングで変わりやすい色、変わりにくい色もあります。


      ●変わりやすい色…黄色っぽさが目立つ色
      ●変わりにくい色…グレーっぽい色、グラデーションになっている


      け・れ・ど

      変わりにくい色でも回数を重ねればキレイになっていきます。
      ご自分の歯の色がどんな色なのか、気になる方はどうぞお声掛けください。
      ホワイトニング経験豊富な歯科衛生士が数名おりますのでいつでもご相談いただけます。

      やってみたいホワイトニング・オフィス?それともホーム?

      2013.12.29 Sunday

      0
        オフィスクリーニングは歯医者にてクリーニングに来る感覚でできます。
        ホームホワイトニングは、自宅での毎日の歯磨き後、ケアの仕上げとして行います。
        どちらが良いかはその方の性格や生活スタイル、歯の色の状態によります。
        そのあたりはぜひ担当の歯科衛生士にご相談下さい。

        傾向としては男性の方がホームホワイトニングを選択することが多いように思います。
        時間にしばられず、好きな時にできるのが大きな魅力の一つなのかもしれませんね。
        女性では、より美しさを極めるために両方行う方もいらっしゃいます。

        歯科衛生士によるお口の相談室・第18回〜ペコロス17

        2013.12.22 Sunday

        0
           


          ホームホワイトニングについて詳しく知ろう!


          一日2回(1回8分間)で自宅で手軽に行うことができるホームホワイトニング。


          ホワイトニング先進国では、毎日の歯磨きと同じような感覚でホームホワイトニングをしています。しかし、毎日できるか心配・・・飽き性だから・・・と敬遠されてしまう方が結構いらっしゃいます。
          今回はそんなホームホワイトニングの利点についてお話しします。



          ○ホームホワイトニングはこのような手順で行います○
          1.唇をひろげる器具をつけます
          2.ジェルを歯に塗ります
          3.LEDライトを8分間照射します



          ○ホームホワイトニングの利点○
          ☆忙しくてなかなか歯科にかかれない方ご自分の空いた時間にすぐにできます。
          ☆LEDライトと人数分のジェル・唇を広げる器具を購入すればご家族・お友達みなさんでホワイトニングをお楽しみいただけます。
          ☆オフィスホワイトニングと併用すれば、より白く透明感のある歯に仕上がります。

          毎日行えば、必ず白くなります。ぜひ試してみてください♪
          また、11月からより簡単にホームホワイトニングが行える『スプレータイプ』も登場しましたので、そちらもチェックしてみてくださいね☆

          歯が白くなる歯磨き粉

          2013.12.15 Sunday

          0
            市販されている歯磨粉には、ホワイトニング効果のある成分は含まれていません。
            歯そのもの歯が白くなるというよりは、着色をつきにくくしたり、表面についている汚れを“研磨材”によってとっています。
            この研磨材、注意しなくてはいけないのは、あまり強い力で磨いたり、長期にわたって使用していると歯の表面のエナメル質がダメージを受け、歯がしみる症状を引き起こすこともあります。
            歯肉も下がってしまうことがあるので、その日1日の着色を落とすという意味で夜1回の使用にするなど、工夫して使ってみてください。

            歯科衛生士によるお口の相談室・第17回〜ペコロス16

            2013.12.08 Sunday

            0
               

              今回はスタッフが体験した際の感想を掲載します。
              ホワイトニングをしたいけれど…と迷われている方は参考になさってくださいね♪

              小林さんの感想
              私はかみ合わせが出っ歯で下の前歯が1本後ろに生えていたため歯並びが気になっていましたが、小島歯科室で矯正治療を受け、口元の膨らんだ印象がなくなり歯もきれいに並びました。
              また、普段がコーヒーを飲むのが欠かせない私にとっては歯に着色がつくのも悩みでしたが、今回結婚にあたりホワイトニングをした事で驚くほど歯が白くなり、、当日の式も終始歯を見せて笑顔で過ごせとても感謝しています。

              患者様からも「歯がきれいね」とお褒めの言葉を頂きました。ホワイトニング、是非おすすめです!

              お子さんの歯の黄ばみ、気になっていませんか?

              2013.12.01 Sunday

              0
                子どもの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて着色がつきやすいです。
                また、永久歯は乳歯よりも色が黄色っぽいことが特徴です。
                お子さんの歯の黄ばみの原因の多くは茶しぶ等着色の沈着、そして、歯にへばりついてしまったプラーク・バイオフィルム。
                これらは歯科医院でのクリーニングで除去でき、とてもきれいになります。
                それでも気になるのなら、ホワイトニングも一つですが、
                オフィス…18歳以上
                ホーム…16歳以上
                  
                が対象となっています。

                歯科衛生士によるお口の相談室・第16回〜ペコロス15

                2013.11.24 Sunday

                0
                   

                  震災以後、放射能による健康被害も心配されているせいか、ホワイトニングに使用するレーザーは大丈夫かと質問を受けることがあります。

                  オフィスホワイトニングでは、レーザー光線、最新ではLEDライトを使用しますが、これらの機材に放射能を発生するものは一切ありませんのでご安心ください。

                  またレントゲンに関してですが、一般的に500ミリシーベルトで健康被害が出るといわれています。
                  当院で使用しているレントゲン撮影機は大きいものでも0.02〜0.08ミリシーベルトとごくわずかです。ご安心ください。

                  白くなりやすい歯、なりにくい歯

                  2013.11.17 Sunday

                  0
                    ホワイトニングによって白くなりやすい歯となりにくい歯があります。

                    なりやすい歯
                    ○黄色っぽい
                    ○コーヒー、タバコによる黄ばみ
                    ○加齢による黄ばみ


                    なりにくい歯
                    ○少しグレー(灰色)を帯びている
                    ○色がツートーンにわかれている
                    ○神経が生きていない歯


                    白くなりにくい歯であっても黄ばみを取ったり、ホワイトニングの回数を増やしてみたりと、その歯が本来もっている白さと美しさの回復は十分可能です。ご相談ください♪

                    歯科衛生士によるお口の相談室・第15回〜ペコロス14

                    2013.11.10 Sunday

                    0
                       


                      最近、大人も子供も矯正治療を開始する方が増えています。
                      あごが小さくて永久歯列が正常に並びきれないのが最大の原因です。
                      不正歯列・咬合は以下の4つにわけられます。
                      上顎前突(出っ歯)・下顎前突(受け口)・開咬(上と下が咬み合わない)・叢歯(歯がでこぼこ)

                      お子さんで乳歯と永久歯の生え変わりの時期であれば、あごの成長を促進する取り外し可能な装置の使用で歯並びを治すことも可能です。特に下顎前突(受け口)は早期の矯正治療科医師が望ましいと言われています。


                      当院では、アメリカ・ハーバード大学の矯正専門医 宮島邦彰教授が定期的に来院し、矯正治療・矯正相談を行っています。


                      次回の宮島教授来院日は小島歯科室ホームページをご覧ください。
                      ホームページ:http://www.kojimashika.com/または「東海市 小島歯科室」で検索

                      治療が終了したら・・・
                      矯正治療後は、ホワイトニングでさらに美しく仕上げます♪